自分の残業代が未払いの場合、取り戻す方法について紹介します。仕事において残業は当然あるものですが、残業代がしっかり支払われずにサービス残業を行っているケースも少なくないです。支払いの時効は約2年なので、早めに準備を始めることが大切です。

就業中に会社側を訴えるのは抵抗がありますが、退社が決まったときなどは早めに申し出ることが大切です。
まずは弁護士に相談をして、代理人名義の文書で残業代の請求を行います。

早めに相談すれば時効が成立しないうちに請求することが出来るので、スピーディーな対応が必要です。さらに時効を一時中断させるためには、専門家に相談することが大切です。

弁護士名義で文書を相手に送れば、時効をストップすることが可能になります。弁護士に相談しないで自分で作った文書を送りつけてしまうと、時効を中断させる効果があるものか分からなくなってしまうのです。裁判で争点になってしまうこともあるので、必ず専門家に相談します。

必要ない争点を生み出さないためにも、請求を行うときには弁護士に文書作成を依頼します。そして未払い金の請求には、様々な証拠を集める必要があります。タイムカードや出勤表、残業の証拠となるものを集めることがポイントです。
 
雇用通知書や労働契約書を集め、労働に関する契約内容を確認します。労働者が採用されるときにきちんと労働基準法に関する事項が入っているのか、書面が交付されているのかをチェックします。また給与の計算方法や残業代の支払いについても触れられているので、内容を隅々まで確認します。

次に出勤や退社したときの時刻が分かる、タイムカードなどを集めます。過去の分まで回収出来ない場合には、これから毎月集めるようにします。"